人工股関節になった私のエンジョイ登山生活に戻るまでの備忘録。不安や疑問、良かった物など書いています。

エンジョイ人工股関節

人工股関節 私の症状 費用とその他

変形性股関節症とは

投稿日:2016年10月1日 更新日:

Pocket

変形性股関節症とは、股関節の形(臼蓋形成不全等)の異常や老化が原因で、軟骨がすり減り股関節が徐々に変形していく病気です。

関節の軟骨や骨が、磨り減ったり変形したりして起こる病気で、痛みや動きの制限、あるいは跛行(はこう)を伴います。

発症すると加齢とともに次第に悪化し、一度すり減った軟骨は再生しませんので治る事はありません。

関節軟骨とは、衝撃を吸収し関節を滑らかに動かす大事な役割を担っています。

老化以外での発症の原因は、先天性股関節脱臼・臼蓋形成不全によるものが約90%と言われています。

かくゆう私も、この90%の先天性の臼蓋形成不全から股関節に負担がかかり進行したものでした。

この変形性股関節症は女性に多いそうです。

しかも40歳前後で発症(痛みが出る)することが多いようです。

これは私が思ったことなんだけど、40歳前後って中年太りする時期ですよねぇ

中年太りで太ってしまって股関節に負担が掛かるのも一因なんじゃないかなぁ?

私は、10kg位太ってしまってダイエットに始めた登山にハマってしまって負担を掛けてしまったのかもしれないと思っている。

変形性股関節症の主な症状

運動をした後や、長く歩いた後などに股関節に痛みが出る

股関節→腿の付け根、お尻の付け根等…

この時、股関節ではなく膝痛や足首など痛むこともある。(股関節からの関連かと思われる)

私は、股関節痛ではなく膝からの痛みでしたので、一概に股関節が痛み始めるとは限りません。

この痛みは、初期の時期では安静にしていれば痛みがなくなることが多く

症状が進むと常に痛むようになる。

変形性股関節症の進行

初期・・・軟骨がすり減り始め、関節の隙間が狭くなり始める。

  • たいてい痛みが出て診察を受けるのがこの時期なのではないでしょうか?
  • この時点で安静にし、炎症の痛みがなくなったら股関節回りの筋肉の硬直などほぐして、筋力をつけてあげることで改善することもある。
  • ジグリング(貧乏ゆすり)などいいらしい。
  • この時期であれば骨切り手術でも可能

進行期・・・関節軟骨が減り出し痛みや制限が強くなる。

  • レントゲンでは軟骨が初期よりも減り、骨のう胞という穴が出来始め、この壊れた骨を補うための骨蕀が出てくる。
  • 痛みはかなり強くなってくる。痛み止めが必要になってくる人も
  • 骨切り手術か人工股関節置換手術か年齢と進行具合による

末期・・・関節の隙間がなくなる。もしくは軟骨や股関節回りの筋肉が痛み日常生活にも支障が出る。

  • レントゲンでもわかるほどの隙間が全くなくなる。
  • 隙間があっても痛みが酷く日常生活に支障が出る場合もある(私の場合はそうだった)
  • MRIを撮ってみると軟骨の状態や股関節回りの筋肉の状態がわかる。
  • この時点では、痛みをとるのは人工股関節置換手術しか選択肢はない。(人と症状による。)

検査・診断

レントゲンを撮れば、臼蓋形成不全か変形性股関節症かはわかります。

臼蓋形成不全は、本来ならすっぽりと大腿骨にかぶる臼蓋が狭く大腿骨がはみ出してしまうものなのでレントゲンで狭いかどうかの判断が出来ます。

変形性股関節症も同じく、関節軟骨の部分が狭いかどうかの判断はレントゲンでわかります。

こちらが進行してきて、軟骨の状態や股関節回りの筋肉の状態を見るための検査がMRIです。

治療

変形性股関節症の治療は、保存療法と関節温存手術(自骨手術)、人工股関節置換手術の3つかと思います。

  • 保存療法・・・初期・進行期
    • 薬の服用、股関節回りの筋肉ほぐし・強化、体重コントロール、安静
  • 関節温存手術(自骨手術)・・・初期・進行期
    • 名前の通り、自分の骨を切って股関節の形や負荷の掛かる方向を改善する手術
  • 人工股関節置換手術・・・末期
    • 臼蓋や大腿骨頭を人工物に換える手術

自骨手術は人工股関節手術のまでのつなぎと考える。自骨手術で痛みが消えそのまま人工股関節手術をしなくてもいい方もいるかと思います。

人工股関節手術の耐久年数の関係で一度手術をしても若い方であれば再置換手術をしなくてはいけなくなるので、病院ではギリギリの年齢まで、もしくは痛みで歩けなくなるまで手術は勧めないかもしれません。

ただ、素材や技術的改良によって人工股関節の耐用年数も昔の倍近くに上がってきたことにより年齢による手術制限は昔に比べなくなってきているようです。

それに、決めるのは本人です。QOL クオリティオブライフ 生活の質の向上の為に何に重きおくか。

痛みや稼働域の制限で、やりたい事も出来ず不自由な生活を我慢をしながら長年過ごすのか、どうなるかわからない先の事は考えず手術をして痛みなく楽しい時間を過ごすか

決めるのは結局本人なのだから…

私は後者をとりましたけどね。

※私が検索して自分勝手に理解して書いている部分もあるかと思いますのでご了承ください。人それぞれの症状・診断・治療方法があるかと思いますので、御自分の判断で読んでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると励みになります。(*・ω・)*_ _))ペコリン
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。(*・ω・)*_ _))ペコリン
↓ ↓ ↓

股関節症・股関節脱臼ランキング

関連記事

-人工股関節, 私の症状, 費用とその他
-, , , , ,

Copyright© エンジョイ人工股関節 , 2019 All Rights Reserved.